So-net無料ブログ作成
映像を楽しむ ブログトップ

新“サイバーショット”で、パノラマ写真に挑戦♪ [映像を楽しむ]

DSC00236.jpg
展示風景

デジタル一眼レフカメラ“α”のハイエンドモデルや
ハイビジョン“ハンディカム”でおなじみのCMOSセンサー「Exmor」を
“サイバーショット”で初めて搭載したモデル『DSC-HX1』が登場!
早速、先行展示を開始いたしました。

DSC-HX1』は、カメラを一定方向に振るだけで、
最大224度の壮大なパノラマ写真の撮影が可能。

そこでさっそく、私もパノラマ写真撮影に挑戦!
まずは、
DSC-HX1』を三脚に取り付け、固定。
撮影モードのダイヤルを「パノラマ」マークに合せ、シャッターを押します。
そして、後は液晶ファインダーに表示された指示に従って
カメラの向きを左から右に動かします。
そうすると……
DSC00232.jpg

いかがですか?

こんなにきれいに、
窓いっぱいに広がるパノラマ写真(最大220度)ができあがるなんて!
本当にカンタンに撮影ができて、もうびっくりです。

でも、もちろん、『DSC-HX1』の魅力はそれだけではありません。
詳しくはホームページまたは、私たちスタイリストにお尋ね下さい。
そして、
皆さんも、ぜひ一度「ソニースタイル 大阪」で
店内でのパノラマ撮影に挑戦してみませんか?

皆さまのご来店を、お待ちしています。

nice!(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホームシアターを体験してみませんか? [映像を楽しむ]

DSC00242.jpg DSC00246.jpg

シアタースタンドシステム展示コーナー

壁寄せスタンドと組み合わせて…

ソニースタイル 大阪」では3/2(月)に発表された
シアタースタンドシステム『RHT-G550』『RHT-G950』『RHT-G1550』
ホームシアターシステム『HT-CT500』の先行展示を実施中です。

いつものお部屋を、臨場感いっぱいの「シアタールーム」に変えてみませんか?
ぜひ一度、その迫力のサラウンドを「ソニースタイル 大阪」で実際にご体験下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【先行展示モデル】

・シアタースタンドシステム
『RHT-G550』『RHT-G950』『RHT-G1550』

AVラックにAVアンプと5.1chスピーカーを内蔵した、
高音質で迫力のあるサラウンドを手軽に楽しめるシアタースタンドシステムです。

本体の背面部分2カ所を斜めにカットしたコーナーカットデザイン採用(*)で、
部屋の角に設置する際にもすっきり置くことができます。
また、キャスター付き(*)なので、移動もカンタン!
操作表示窓が前面になり、視聴しながらの操作性もUP!
〈ブラビア〉のリモコン1つで簡単・快適に操作ができる「ブラビアリンク」に対応しています。
(*)RHT-G550/RHT-G950のみ

〈ブラビア〉のサイズに合わせて、最適のラックをお選びください。

・ホームシアターシステム
『HT-CT500』
フロント・センター一体型スピーカーとAVアンプ内蔵サブウーファーで構成された
ホームシアターシステムです。

スピーカーは奥行き約5cmのスリムなデザインで、
〈ブラビア〉と一体化して(*)、〈ブラビア〉付属のテレビスタンドや
別売の壁寄せスタンドと組み合わせ、スタイリッシュに設置する事ができます。
(*)対応の〈ブラビア〉(『KDL-40W5』/『KDL-46W5』/『KDL-40F5』/『KDL-46F5』)本体と
スピーカー部を、付属の取り付け金具を使って装着が可能。

ソニー独自の新しい3.1ch「S-Force PRO フロントサラウンド」及び
原音に忠実な音声再生が可能なフルデジタルアンプ「S-Master」を搭載し、
迫力の高音質サラウンドが楽しめます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ソニースタイル 大阪」では、
〈ブラビア〉と組み合わせて実際にホームシアターをご体験、お楽しみ頂けます。
また、お客様の使用環境に合わせたホームシアターシステムのご提案をさせていただきますので、
お気軽にご相談ください。

皆さんのご来店をお待ちしております。


nice!(5) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

New“サイバーショット”登場! [映像を楽しむ]

DSC00003.jpg DSC09999.jpg

私のイチオシ!

展示風景

先日、学生時代の友人に赤ちゃんが生まれました。
そこで、生まれたばかりの赤ちゃんを会いに、
“サイバーショット”を持って行ってきました。

赤ちゃんって、大人が想像する以上にいろんな動きをすると思いませんか?!

今まで、友人を撮影するときは、
皆、カメラに向かって「ハイ、チーズ!」とキメ顔をしてくれるので、
顔検出機能「顔キメ」でばっちり! キレイな写真が撮れていたのですが、
赤ちゃんは、自分が撮影される意識がまだないせいか、すぐに、あっちを向いたりこっちを向いたり。
なかなかシャッターチャンスを作るのが難しいんです!

皆さんは、そんな経験ないですか?

そこでおススメなのが、従来の「顔キメ」機能がよりパワーアップした、
「顔動き検出」機能が搭載された新しい“サイバーショット”
『DSC-T900』『DSC-T90』『DSC-W270』です。

「顔動き検出」機能を使うと、顔の動きに合わせてISO感度やシャッター速度を
自動的に調整、被写体のブレを大幅に軽減することができます。
動きの自由な赤ちゃんもこの「顔動き検出」機能を使えば、
ブレを気にせずキレイに撮影することができますね。

しかも、新しい“サイバーショット”は、
今まで、それぞれに設定が必要だった「顔キメ」や「おまかせシーン認識」などに、
新しい「顔動き検出」機能も含め、キレイに撮影するためのいろいろな機能が
「おまかせオート」を選択するだけでOK!

新開発の有効1210万画素のCCDと「光学式手振ブレ補正」搭載するなど
カメラとしての高い基本性能はもちろん、
1280×720(約30fps、プログレッシブ方式)の高画質なハイビジョン動画が撮影できる等、
他にも、新しい“サイバーショット”には、各モデルそれぞれにご紹介したい魅力がいっぱい!

ソニースタイル 大阪では、
そんな新しい“サイバーショット”の先行展示を開始いたしました。

ぜひ、新しい“サイバーショット”の魅力を、ソニースタイル 大阪でご体感下さい。
お客様のご来店を、心よりお待ちしております!


nice!(5) 
共通テーマ:ショッピング

新しい〈ブラビア〉エコモデル登場! [映像を楽しむ]

1.jpg DSC09972.jpg

これが新しい〈ブラビア〉

〈ブラビア〉ラインアップ展示コーナー

今、テレビ番組や新聞では盛んに「エコ」がもてはやされていますよね。
少しでも地球にやさしい環境作りに、これから取り組んでいきたいと考えられている方も
たくさんいらっしゃると思います!

そういう方も、昔から気を遣っているよ、とおっしゃる方にも、
ぜひご覧いただきたいのが、
1/19(月)に発表された新しい〈ブラビア〉「V5シリーズ」。

液晶パネルの発光率を高め、バックライトの細管化を実現し、
従来モデルより約40%も消費電力を削減した「省エネ」テレビです。

このテレビは、人の動きを感知する「人感センサー」を初搭載。
うっかりテレビをつけっぱなしにして席を離れてしまったときなどは
この人感センサーが働いて、消画してくれます。
この消画状態だと、視聴状態より約50%程度消費電力を
削減できるんですよ。

また、消画状態で、さらに人の動きがない時間が続くと、
スタンバイ状態へと切り替わってくれます。

テレビを見ている時に突然人が訪ねて来て、テレビをつけたままにしてしまった
ときなどに、ちょっとうれしい機能ですよね!
本来は自分できちんと消すのがあたりまえですが、ちょっとうっかり、
ということもやはりありますから、「人感センサー」があれば、
これまで以上に、こまめに節電できそうです。

アナログ放送の終了が近づいてきているなか、今、ご愛用のテレビを
そろそろ買い換えようかな、と思われている方は、
ぜひ新しい〈ブラビア〉をチェックしてみてください。

ちなみに、
もし2000年ごろお買い上げいただいた
36型のトリニトロンブラウン管テレビ『KD-36HD700』をお使いの方が、
46V型の〈ブラビア〉『KDL-46V5』に買い替えると、
年間電気消費量199kWh/年、年間CO2排出量81kgを削減することができます。
年間の電気代にすると、約4,378円(*)の節約になります!
(*)1日平均4.5時間を基準に、年間電気代を1kWhあたり22円として算出

地球環境にやさしいだけでなく、家計にもやさしいなんて、
これはもう、一刻も早く買い換えなくっちゃ!っていう気になってしまいますね。

「V5シリーズ」のサイズは46V型と40V型。
カラーも「ブラック」と「ホワイト」の2色からお選びいただけます。

また、既にリビングのテレビは買ったけど、寝室や子供部屋のテレビを…
とお考えの方には、〈ブラビア〉J5シリーズがおススメです。

こちらも、高発光効率の蛍光管と特殊フィルターを使用したパネル技術により
省電力を実現した「省エネ」テレビで、サイズは19V型、22V型、26V型、32V型。
カラーは「ブラック」「ホワイト」に加え、「ブラウン」「ブルー」の中から
お部屋のイメージに合わせてお好きな色をお選びいただけます。

ソニースタイル 大阪では、只今ご紹介した「V5シリーズ」「J5シリーズ」を
2月の発売に先駆けて展示を開始いたしました。

「V5シリーズ」と従来モデルとの消費電力の違いを
消費電力計を使ってリアルタイムでご体験いただけますので
ぜひ、ご来店ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【先行展示モデル一覧】
『KDL-46V5』46V型 ブラック
『KDL-40V5』40V型 ブラック/ホワイト
『KDL-32J5』32V型 ブラウン
『KDL-26J5』26V型 ホワイト
『KDL-22J5』22V型 ブルー
『KDL-19J5』19V型 ブラック
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

nice!(5) 
共通テーマ:テレビ

新しいハイビジョン“ハンディカム”登場! [映像を楽しむ]

DSC09894.jpg DSC09888.jpg

これがイチオシ!『HDR-XR520V』

展示風景

小さいお子様がいると、うれしい出来事やイベントが多く、
ビデオカメラに収めておきたいと思う機会って多くないですか?

初めてのハイハイ、ひとり歩き、公園デビュー
お誕生会や運動会、学芸会にお稽古ごとの発表会などなど…
残しておきたいシーンがいっぱい!

そんな皆さんにご紹介したいのが、新しいハイビジョン“ハンディカム”
『HDR-XR500V』『HDR-XR520V』です。

このカメラ、ソニー独自の「裏面照射構造」を採用、感度が従来の約2倍も向上しているので
暗い場所でも、ノイズの少ない高画質映像で撮影できるんです。
もう、お誕生会で照明をおとしてキャンドルを吹き消す瞬間も大丈夫ですね!?

しかも、新開発「光学式手ブレ補正機能」搭載。
ワイド撮影時なら、その手ブレ補正効果は従来に比べて10倍!

皆さんは、走りまわるお子様を追いかけながら撮影したり、
向かってくるお子様を、後ずさりしながら撮影したりした映像をテレビで見ているとき、
そのひどい手振れに、気持ち悪くなってしまったなんて経験したことないですか?

でも、この新しいハイビジョン“ハンディカム”ならOK!
動きながらの撮影も、ブレを気にせず、気楽に撮影を楽しんでいただけます。

他にも、GPSやデコレーション機能など、紹介したい魅力がいっぱい!
ソニースタイル 大阪」では、
そんな新しいハイビジョン“ハンディカム” 『HDR-XR500V』『HDR-XR520V』
先行展示を開始いたしました。

ぜひ、新しいハイビジョン“ハンディカム”の魅力をご体験ください。
一緒にお使いいただくと便利なDVDライターやアクセサリー類も
ご覧いただけます。

スタイリスト一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【“ハンディカム”先行展示モデル一覧】

・デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-XR520V 販売価格 148,000円(税込)
・デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-XR500V 販売価格 128,000円(税込)
・デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-XR100 販売価格 99,800円(税込)
・デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-CX120 販売価格 99,800円(税込)

※販売価格は2009年1月15日現在のものです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

nice!(6) 
共通テーマ:動画

撮影した写真、どうしていますか? [映像を楽しむ]

DSC09868.jpg DSC09350.jpg

ぼくのイチオシ『DSC-G3』!

展示風景

こんにちは。スタイリストの間崎です。
皆さんは、年末年始、どのようにすごされましたか?

ぼくは、昨年末から、クリスマスパーティーや忘年会、学生時代の同窓会等など、
友人と集まる機会がとっても多く、そのたびに、いつも “サイバーショット”を
持参して皆を撮影していました。

そのとき、「後で送るよ!」などと約束したのですが、
忙しさにかまけて、まだ送っていません。

「mixi」、「Picasa」や「YouTube」のような静止画・動画共有サイトを利用すれば、
画像アップと専用URLを連絡する手間だけで、
簡単に画像を友人と共有する事ができると頭ではわかっているのですが。

そんなぼくに、強い味方が登場しました。
1月9日(金)に発表された新しい“サイバーショット”『DSC-G3』
本体に無線LAN機能を搭載しているので、無線LAN環境下であれば、
ワンボタンで静止画・動画共有サイトに画像をアップできるので、
パソコンにわざわざ向かわなくても、空いた時間に少しずつ写真をアップできます。
しかも、なんと、アップした画像のURLを“サイバーショット”から
直接友人に送ることもできるんです。

近頃は、駅やホテルのロビー、ファストフード店など、
無線LANを使える場所が増えているので、この“サイバーショット”G3を使えば、
友人との約束を違えずにすみそうです。

“サイバーショット”『DSC-G3』は4GB分の本体メモリーを内蔵しているので、
撮った写真をどんどん貯めて、フォトアルバムとしてもご利用いただけます。

ソニースタイル 大阪では、
そんな便利な“サイバーショット”『DSC-G3』をいち早くご体験いただけます。
ぜひ新しい“サイバーショット”の魅力を体験しに、ご来店下さい。

併せて、ソニースタイル限定の吉田カバンとのコラボケース
吉田カバン『DSC-G3』オリジナルケース『CC-YH_DSC』(*)も展示中です。
(*)『DSC-G3』本体との同時購入特典。
   単体での販売は致しませんのでご了承下さい。

nice!(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
映像を楽しむ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。